課金: Get

このリクエストでは、アプリトークン・シークレット・店舗ID・課金IDを指定することで、特定の課金についての情報を取得することができます。

※仕様変更のお知らせ

2023/01/16より、セキュリティコード(CVV認証)が行われたときのステータスが”canceled”から”authorized”に変更されました
CVV認証の結果を”canceled”で参照している場合は変更が必要です
トランザクショントークン:GETで処理結果を参照することを推奨します

Request

GET https://api.univapay.com/stores/{storeId}/charges/{chargeId}

Parameters:

Parameters
pollingboolean
ステータスが pending(初期ステータス)から別のステータスに変更されるまで、課金のステータスを内部でポーリングするようにAPIに指示します。
詳細はこちらをご覧ください。

Headers:

Authorization: Bearer {secret}.{jwt}

Body:

curl --request GET \
--url https://api.univapay.com/stores/af857264-180c-11e7-9be2-276aea4fed28/charges/0fe1e42a-1845-11e7-9b1f-d3bd0c055a99 \
--header 'Authorization: Bearer {secret}.{jwt}'

Response

Code: 200

Headers:

Content-Type: application/json

Body:

{
  "id": "0fe1e42a-1845-11e7-9b1f-d3bd0c055a99",
  "store_id": "af857264-180c-11e7-9be2-276aea4fed28",
  "transaction_token_id": "06e076b6-1845-11e7-a7bf-67a3521ea48c",
  "transaction_token_type": "recurring",
  "subscription_id": null,
  "requested_amount": 1000,
  "requested_currency": "JPY",
  "requested_amount_formatted": 1000,
  "charged_amount": 1000,
  "charged_currency": "JPY",
  "charged_amount_formatted": 1000,
  "status": "successful",
  "error": null,
  "metadata": {
    "customer_id": 12345,
    "shipping_details": "Customer wants it now"
  },
  "mode": "test",
  "created_on": 1491207055635
}