通知メールテンプレート

テンプレートでは、決済メールテンプレートの作成・編集ができます。

テンプレートを作成しない場合は、決済システム側のデフォルトの決済完了メールが送信されます。
ページ下記に例を記載していますが、その他メールの内容についてはテストモードで決済をすることで確認できます。
送信されるメールの設定については一般設定の[通知]から設定してください。

▼テンプレート作成方法について

  • 「追加」を選択します。
  • 「言語」を選択します。
  • 「タイトル」を入力します。
  • 「本文」を入力します。
  • 「保存」を選択し完了です。

※ 「プレビュー」を選択すると、現在の入力内容で表記イメージを確認できます。

▼パラメータの利用方法について

  • パラメーターを使用するためには、${parameter}のように入力して下さい。
  • パラメータをタイトルや本文内に追加すると、店舗情報や決済を参照して自動で内容が挿入されます。
  • パラメータのデフォルト値を定義するには ${parameter:-(デフォルト値)} を使用して下さい。(parameter)に値が無ければ、指定したデフォルト値が表示されます。
  • ${charge_metadata.(キー)},${token_metadata.(キー)}で、表示させたいメタデータのキーを指定して、その値のみを表示することができます。

表示させたいメタデータの指定 例

${charge_metadata.univapay-product-names}商品名
${charge_metadata.univapay-phone-number}電話番号
※リカーリング課金時やCSV課金時、リカーリングトークン作成時は${charge_metadata.(キー)}を指定してもメタデータが表示されません。${token_metadata.(キー)}をご利用ください。

▼テンプレートの種類について

決済完了通知

決済が成功した時に送信されます。仮売上のキャプチャ、返金を行ったときもこのメールが送信されます。
${transaction_type}の部分が処理によって「課金」もしくは「返金」と表示されます。

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

決済失敗

決済が失敗したときに送信されます。コンビニ決済の入金期限が切れたときもこのメールを送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

リカーリング作成

クレジットカード決済のリカーリングトークンの作成(支払い情報の登録)が成功した時に送信されます
通常課金や定期課金で「カード登録(リカーリングトークン作成)」をONにした時にも送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

リカーリングトークンのCVV認証失敗

※現在本番モードのみ利用可
カード登録(定期課金の初回カード登録も含む)のみ行う処理で、CVV認証(セキュリティコード認証)が失敗した時に送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

オーソリの実行

仮売上に成功した時に送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

オーソリの実行失敗

仮売上に失敗した時に送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

オーソリ済課金のキャンセル

※現在本番モードのみ利用可
仮売上をキャンセルした時に送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

定期課金作成

初回課金金額がある定期課金の作成が成功した時に送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

定期課金決済

定期課金の2回目以降の決済が成功した時に送信されます
${transaction_type}の部分が処理によって「課金」もしくは「返金」と表示されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

定期課金決済失敗

初回課金金額がある定期課金の作成 および 定期課金の2回目以降の決済が失敗した時に送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

定期課金一時停止 / 定期課金永久停止

定期課金の一時停止 / 永久停止をした時に送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

定期課金のカード情報変更の案内 

※開発中のため現在利用不可
管理画面の定期課金詳細にあるボタン(開発中)から、ユーザー管理画面を案内したときにユーザーに送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

定期課金のカード情報変更完了

定期課金に登録されているカード情報が変更された時に送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

定期課金の詳細

回数無制限の定期課金の情報が含まれています
このテンプレートは定期課金関連のテンプレートに${subscription_payment_details}を入力すると反映させられます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

回数制限付き定期課金の詳細

回数制限付き定期課金の情報が含まれています
このテンプレートは定期課金関連のテンプレートに${subscription_payment_details}を入力すると反映させられます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

分割払いの詳細

分割払いの情報が含まれています
このテンプレートは定期課金関連のテンプレートに${subscription_payment_details}を入力すると反映させられます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

決済フォーム支払い発行

オプションでリンクフォームのメール送信機能を利用するときに送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

決済フォームカード登録発行

リンクフォームのメール送信機能を利用するとき、課金を行わなずカード登録のみ行うリンクフォームの場合はこのメールが送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

振込期限切れ(督促なし/有り)

銀行振込の振込期限が切れたときに送信されます
再度振込期限を指定して案内する設定の場合は「督促有り」のメールが送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

銀行振込 申込完了/キャンセル

銀行振込の申込が行われたときは「完了」、加盟店側で申込を取り消したときは「キャンセル」のメールが送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

銀行振込 入金完了(超過)/不足入金/入金完了

銀行振込でユーザーが振込を行ったときに送信されます
入金ステータスによって送信されるメールが変わります

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

銀行振込 振込期限の通知

振込期限日が近づくとこのメールを送信します
一般設定で送信するかどうか、何日前に送信するかを設定できます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

コンビニ決済のご案内

コンビニ決済の申込が行われたときに送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

コンビニ決済の取り消し

コンビニ決済の申込を加盟店側で取り消したときに送信されます

▼デフォルトのメールテンプレートを表示

コンビニ決済の詳細

各コンビニエンスストアごとの、ユーザーが入金するための情報が含まれています。このテンプレートは「コンビニ決済のご案内」に含まれ、選択したコンビニエンスストアのテンプレート情報が入ります。



▼各種パラメーターのご案内

${date}処理日時or入金期限日
${amount}金額
※定期課金の場合は1回あたりの課金金額、分割の場合は総額が表示されます。
${payment_type}支払方法 ※カード、オンライン決済など
${payment_brand}支払ブランド ※Visa、MasterCard、PayPayオンラインなど
${transaction_type}課金 or 返金
${store}店舗名
${charge_id}課金ID
${card_holder_name}カード名義 
${email_address}顧客メールアドレス
${descriptor}利用明細に記載される名称 
${contact_email}連絡先メールアドレス
${contact_phone}連絡先電話番号
${charge_metadata}課金時に付与されたメタデータ
${token_metadata}トークン作成時に付与されたメタデータ
${subscription_id}定期課金ID
${subscription_period}定期課金のサイクル
${subscription_next_date}定期課金の次回課金日
${subscription_initial_amount}定期課金の初回課金額
${subscription_amount}定期課金額
※回数無制限の定期課金の場合は1回あたりの課金金額、回数制限付き定期課金・分割の場合は総額が表示されます。
${subscription_payment_details}定期課金の詳細
・定期課金種類
・課金回数/分割回数
${customer_refer_link}定期課金のカード情報変更/停止URL
※現在開発中のため、追加するとパラメータがそのまま表示されます。今後実装予定です。
${link}決済フォームor支払いに必要な情報のリンク
${customer_name}顧客名
${bank_accout_number}口座番号
${bank_branch_code}支店番号
${bank_branch_name}支店名
${bank_account_type}口座の種類
${bank_account_holder_name}振込先口座名
${bank_name}振込先銀行名
${deposit_amount}入金額
${deposit_needed}不足金額
${exeed_amount}超過入金額
${konbini_payment_details}コンビニ支払い情報詳細
${konbini_transaction_id}コンビニ支払い番号など
${error_code}エラーコード
${error_message}エラー内容
※決済サービスによっては利用できないパラメータもございます


商品ごとに通知メールの文面を分ける

商品ごとにメタデータを付与している場合、${charge_metadata.キー:-(空白)} とすることで、指定したメタデータの値のみメール文面に反映させることも可能です。
デフォルト値を空白にしているので、商品を利用した場合のみ表示したいメタデータの値が表示され、商品を利用しない決済の場合は空白になります

①商品にメタデータを付与
 商品ごとにメールで表示させたい文章をメタデータとして追加します。

②通知メールテンプレートを編集 
通知メールテンプレートに
${charge_metadata.キー}と記載することで、
課金メタデータのうち、表示させたいメタデータのみを表示することができます。
「:-」(コロン、マイナス)を入れることで、該当のメタデータが無い場合はメールにも反映されません。

商品のメタデータを「product-text1」とする場合、
メール通知テンプレート内のタグを${charge_metadata.product-text1:-}
とすることで、メールの各箇所に商品別のメール文章のみを表記することができます。

③通知メールでの反映を確認
 商品ごとに異なる文章が表示され、商品を指定しない決済の時はメールに何も表示されないことが確認できれば問題ありません。